Home > Archives > 2011-01

2011-01

特別講演会 小惑星探査機「はやぶさ」搭載サンプル採取機構の開発

 HAYABUSA_in_ehime

先日、平成23年1月22日(土)に愛媛県総合科学博物館にて、特別講演会『小惑星探査機「はやぶさ」搭載 サンプル採取機構の開発』の特別講演会とギネスにも登録された世界一のプラネタリウムにて「HAYABUSA -Back To The Earth- 帰還編」の観覧会が催されました。

特別講演会のテーマは『小惑星探査機「はやぶさ」搭載 サンプル採取機構の開発 ―宇宙開発を支える地元えひめの産業技術の底力―』と題して、サンプル採取機構(採取システム)の設計・開発に携わった住友重機械工業(株) 矢島 暁(やじま さとる)先生が講師を努められ、愛媛県の産業技術力とそれを支えた地元町工場(5社:KOS21、高橋工業、東侊製作所、ムラコー、ユタカ)が貢献したプロジェクトとして、小惑星サンプル採取機構の詳細や開発経緯等をご紹介戴きました。

弊社KOS21も講演会にお招き頂きご挨拶と当時の宇宙部品の加工苦難やエピソード等をお話しさせて頂きました。

弊社KOS21もこのような人類初の試みである小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトに関わる事ができ、大変誇りに思っております。
また、JAXAを始め、度重なるトラブルに遭いながらも無事地球への帰還を導かれた関係者各位のお気持を察すると感慨深く、「はやぶさ」ミッションの完遂を心よりお慶び申し上げます。

最後になりますが、弊社も住友重機械工業(株)様のご用命を受け、機精密部品加工で参加させて頂いております金星探査機『あかつき』の6年後のミッション成功もお祈り申し上げます。
20110122_4

*左より 愛媛県総合科学博物館館長 大西様、㈱ムラコー代表取締役社長 村上様、弊社KOS21西条所長 篠原、矢島先生、弊社KOS21社員

KOS21広報担当

<補足>

【講師紹介】矢島 暁(やじま さとる)
1966年生まれ。1990年東京都立科学技術大学(現首都大学東京)工学部航空宇宙システム工学科卒業、同年住友重機械工業株式会社に入社。入社後、主に宇宙往還機耐熱材料用試験装置の開発等に従事し、1996年より2003年まではやぶさ(MUSES-C)サンプル採取機構の開発を担当。その後、きぼう(JEM)搭載衛星間通信システム(ICS)、サブミリ波受信機系(SMILES)排熱系、金星探査衛星あかつき(PLANET-C)赤外カメラ開発等に携わり、現在は主に放射線を利用した医療機器の開発を担当している。

 
yajima

~地元参加企業(五十音順)~
 ㈱コスにじゅういち
 ㈲高橋工業
 ㈲東侊製作所
 ㈱ムラコー
 ㈱ユタカ

「理工系女子のものごころ」KOS21で活躍する女性社員

財団法人東予産業創造センター発行“Tech2”(てくてく)2011年新春号に掲載された
弊社KOS21の製造現場で活躍する女性の記事となります。

無断転載、複製、配布等を禁止致します。
著作権元:財団法人東予産業創造センター

Page1
拡大は上記画像をクリックしてください。

KOS21広報担当

インターンシップ受入に関して

弊社KOS21は本年もインターンシップの受入を実施致します。

―記―
1、期間:2011年1月21日(金)~28日(金)
2、実習場所:西条事業所 製造部 精機製造課
3、実習者:機械科高校生 2名  
4、目的:製造現場での就業体験を通して、職業生活や社会生活のマナー、知識、技術を身につけ、生徒自身の進路に関する関心を深めるとともに健全な勤労観、職業観を育む

KOS21広報担当

最新版「HAYABUSA帰還編」が中四国初上映

愛媛県総合科学博物館のプラネタリウムにて

プラネタリウム新番組 最新版「HAYABUSA帰還編」が中四国初上映!!

詳しくは愛媛県総合科学博物館WEBサイトをご覧ください。
http://www.i-kahaku.jp/

 
top
HAYABUSA
-BACK TO THE EARTH- 帰還バージョン
小惑星イトカワの微粒子を持ち帰った探査機「はやぶさ」の軌跡を描いたプラネタリウム番組『Hayabusa -Back to the Earth-』の最新版が、いち早く世界最大のプラネタリウムに登場!太陽系誕生の謎をさぐる「はやぶさ」の波乱と感動に満ちた探検の旅が、臨場感あふれるCGでドームいっぱいに広がります。
(ノーカット版/約45分)
企画・制作:「はやぶさ 大型映像制作委員会

「HAYABUSA」をもっと知りたい方は一見の価値あり!!

是非家族と一緒にご鑑賞ください。

また、お子様でも楽しめる内容になっております。

KOS21広報担当

第8回KOS21ゴルフ同好会コンペ結果

new_03

昨年の平成22年を締めくくる12月のコンペにご参加頂きありがとうございました。

さて、『第8回KOS21ゴルフコンペ』の結果ですが下記の通りとなります。

参加者:16名

優勝者:S.Hagiharaさん

順位とスコアは次の通りです。

 new_03
順位 Player NEW OUT GROSS HDCP NET
1 S.Hagihara 47 43 90 14 76
2 S.Teshima 40 44 84 8 76
3 K.Shiozaki 46 41 87 8 79
4 K.Senba 42 46 88 7 81
5 K.Tamura 47 45 92 11 81
6 H.Ando 40 45 85 4 81
7 D.Ii 43 44 87 5 82
8 A.Kishida 56 63 119 36 83
9 T.Sogabe 56 55 111 28 83
10 M.Kougami 44 52 96 12 84
11 S.Ochi 56 51 107 18 89
12 K.Enokihara 58 54 112 22 90
13 A.Sogabe 48 50 98 5 93
14 T.Terasawa 67 54 121 26 95
15 M.Hirata 62 60 122 25 97
16 N.Shinohara 60 59 119 21 98

次回のコンペ開催予定は日程が決まり次第、同好会よりご案内致します。

KOS21ゴルフ同好会

年始のご挨拶

 

2011

謹賀新年 明けましておめでとうございます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は格別のお引き立てご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、昨年は小惑星探査機「はやぶさ」が度重なるトラブルに見舞われながも小惑星「いとかわ」から約7年ぶりに帰還しました。
残念ながら「はやぶさ」自体は大気圏で燃え尽きましたが、採取カプセルから
「いとかわ」の微粒子を持ち帰ることが出来き、これは日本・世界・人類にとって宇宙の誕生に関する非常に重要な手掛かりになると言われています。

弊社もこのような壮大な国家プロジェクトである探査機「はやぶさ」の精密部品加工に携わることができ誇りに思っております。

そして、今年も非常に厳しい経済環境ではありますが、干支の兎のように、また弊社社名の由来であるコス“越す・超える”=飛躍できるよう、さらには“次代・世代”=未来へ向けて可能性へ挑戦し、ものづくりを支える中小企業の一端として世界に通じる技術の向上に努めて参ります。

CHALLENGE  TO  POSSIBILITY!!

また、何よりも「安全第一」を優先し「無事故、無災害」活動に取り組んで参る所存でございます。

最後になりましたが、皆様方のご健勝、ご多幸を心よりご祈念申し上げ、年始のご挨拶といたします。

今後ともかわらずお引き立てご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

平成 23年 1月 5日
代表取締役常務 近藤 基起
ならびに従業員一同

Home > Archives > 2011-01

Search
Feeds
Meta

Return to page top