Home > ご挨拶 > 全国労働衛生週間(第72回)

全国労働衛生週間(第72回)

10月1日(金)より、第72回全国労働衛生週間がはじまります。

〈社長メッセージ〉

従業員のみなさん、日々精力的に業務に励んでいただき、まことにありがとうございます。

今年も10月1日から10月7日までの約一週間、「向き合おう! こころとからだの 健康管理」をスローガンに、第72回全国労働衛生週間が実施されます。 企業理念である「和の精神」のもと、職場で共に働く仲間と一丸となり、みんなで社内全体の職場環境の改善、改革に取り組んでいただきますようお願い致します。

新型コロナウイルス感染症の罹患による休業4日以上の労働災害は、令和2年には 6,000 人以上発生しております。そのため、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた副スローガンとして「うつらぬうつさぬルールとともに みんなで守る健康職場」が設けられております。新型コロナウイルス感染症の 拡大を抑制するためには“三つの密”密閉空間、密集空間、密接空間を避けることが重要です。会社または家庭において感染防止の意識をもって「三密回避」の徹底を呼び掛けてください。

さて、令和2年度の労働者の健康をめぐる状況について過労死等事案の労災認定件数は、802 件となっており、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み又はストレスを感じる労働者は、依然として半数を超えております。このような状況の中、「働き方改革」の推進と相まって、 過労死等を防ぐ為に長時間労働による健康障害の防止対策及びメンタルヘルス対策の推進が必要であると考えております。また、 日本の労働人口の約3人に1人が何らかの疾病を抱えながら働いており、更には職場で働く高年齢者の方が増え大きな役割を担うようになっている状況の中で、従業員が安心して安全に働ける職場環境づくりや労働災害を予防するためにも健康づくりを推進していくことが求められております。

わが社においても大なり小なり様々な問題を抱えている人が働いていると思います。職場の中で誰もが健康に活き活きと働ける環境をつくるためには、企業として「働き方改革」の実現に取り組んでいかなければなりませんが、従業員同士の思いやりの気持ちも欠かせません。相手の置かれている立場や状況を考えながら適切な言葉をかけて接することは難しいと思いますが、相手を思いやる気持ちは伝わると思います。日ごろから一緒に働いている仲間に異変を感じたら、積極的に声をかけてあげてください。

全ての人が安心して安全に働くことのできる職場を実現するためには、皆さん一人一人の積極的な 取り組みが欠かせません。我社の「和の精神」をもって誇りの持てる企業をみんなで創造しよう!!という  スローガンのもと、皆さん一人一人が相互に意識し、日ごろの業務やコロナ禍による疲労やストレスが 蓄積されない快適な職場風土を構築できるよう、引き続きご協力をよろしくお願い致します。

簡単ではございますが、衛生週間を迎えるにあたり、私の挨拶と致します。

 

令和 3年 10月 1日

株式会社コスにじゅういち

代表取締役社長  近藤 基起

Home > ご挨拶 > 全国労働衛生週間(第72回)

Search
Feeds
Meta

Return to page top